電通デジタルがデジタル世代向け開発・マーケティング部署「デジタルネイティブルーム」新設

DXコンサルティングを提供、企業のマーケティング活動やDX推進に同世代のインサイトを活用
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタルは、デジタルネイティブ世代に向けた事業開発とマーケティングを専門に行う部署「デジタルネイティブルーム」を8月に新設した、と8月25日発表した。独自の共創メソッドを取り入れたDX(デジタル変革)コンサルティングを提供。企業のマーケティング活動やDX推進に同世代のインサイト(潜在ニーズ・深層心理)を活用できるようにする。

デジタルネイティブ世代は、生まれた時からパソコン、インターネットがあり、デジタル環境に慣れ親しんでいる10~20代、30代前半。さまざまな業種の大手企業の多くが同世代への対応を重視し始めていることから、デジタルネイティブルームを立ち上げた。電通デジタルが同世代へのマーケティング専門チームとして2019年4月に設立した「YNGpot」に所属するメンバーを配置し、支援体制を強める。

デジタルネイティブルームでは、デジタルネイティブ世代を基点にしたトレンドやインサイトを活用したソリューションを開発・提供。具体的には①独自のアジャイル型サービス開発②顧客体験設計と改善プログラム③テーマ別のDXソリューション企画と実行支援④デジタルネイティブ世代の動態に合わせたマーケティング戦略立案・実行支援--の各サービスを提供する。研究開発や情報発信も強化する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]