ECの集客において、中小は検索活用に、大手はダイレクトやSNSに予算を投入【ECマーケティング調べ】

月商1,000万円未満/1,000万円以上で、ネットショップの動向を比較。
よろしければこちらもご覧ください

ECマーケティングは、月商1,000万円未満のネットショップと月商1,000万円以上のネットショップについて、活用チャンネル、広告の実施状況などを比較した調査結果を発表した。Web担当者各111人、計222人から回答を得ている。なお本記事では便宜上、月商1,000万円未満を「中小」、月商1,000万円以上を「大手」と表記する。

 

まず「ユーザーからの流入が多いチャネル」を比較すると、中小は「ダイレクト」23.4%、「自然検索」21.6%、「参照元」11.7%が上位。大手は「リスティング広告」21.8%、「ダイレクト」20.0%、「自然検索」19.1%が上位だった。大手は、新規ユーザー獲得のため広告予算を投入している様子がうかがえる。

 
 

「コンバージョン流入の多いチャンネル」については、中小が「ダイレクト」27.0%、「自然検索」25.2%、「リスティング広告」11.7%。大手が「ダイレクト」27.3%、「自然検索」19.1%、「リスティング広告」14.5%で、上位の順位に差はない。多少、中小では検索の活用が目立つ。

 
 

そこで「いま一番重要視している集客チャンネル」を聞くと、中小は「自然検索」22.5%、「リスティング広告」16.2%、「ダイレクト」15.3%が上位。大手では「ダイレクト」26.4%、「自然検索」21.8%、「SNS」16.4%で、かなり傾向に違いが出た。中小は予算を絞った運用もできる検索活用に、大手は予算規模に応じて結果を得やすいダイレクトやSNSに注力していると思われる。また大手は「ダイレクト」チャンネルを“自社ネットショップの認知度合いの指標”として重視している可能性もあるという。

 
 

続いて、自社ネットショップでの広告実施状況を聞くと、中小は「実施している」71.2%、大手は「実施している」90.9%だった。そこで「実施している」と答えた各社に「広告運用を外注しているか?」を聞くと、中小は「すべて外注している」39.2%、「外注しているが自社でも運用している」49.4%、「外注せずにすべて自社で運用している」11.4%だった。大手は「すべて外注している」55.0%、「外注しているが自社でも運用している」27.0%、「外注せずにすべて自社で運用している」18.0%で、やや大手は外注率が高かった。ただし「外注せずにすべて自社で運用している」率は大手のほうが高く、インハウスでの運用も盛んなようだ。

 
 

調査概要

  • 【調査対象】ネットショップのWeb担当者
  • 【調査期間】2021年4月8日~9日
  • 【有効回答数】222人(月商1000万円未満のネットショップ:111人、月商1000万円万円のネットショップ:111人)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]