凸版印刷とEmotion TechがCX向上支援サービス「GX(Good Xperience)スコアリング」開始

商品・サービスの情緒的な価値を数値化して評価・分析、顧客インサイトを5要素で調査
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷と、顧客体験(CX)・従業員体験(EX)マネジメントクラウドを展開するEmotion Techは、商品やサービスの情緒的な価値を数値化して評価・分析するCX向上支援サービス「GX(Good Xperience)スコアリング」を開発し、5月13日に提供を始めた、と同日発表した。オンライン・オフラインでさまざまな体験をした顧客のインサイト(深層心理)を情緒的価値の5要素で調べる。

5つの要素は「Sense(知覚)」「Feel(感情)」「Think(知性)」「Empathy(共感)」「Social(社会的意義)」。顧客のインサイトをこれらの要素に即してEmotion TechのCX向上マネジメントサービス「EmotionTech CX」で調査し、その結果を凸版印刷の独自手法で分析することで商品・サービスの情緒的価値を数値化する。これによってCX全体のマネジメントが効果的に可能になる。

情緒的価値を測る統一指標で体験の相対比較ができ、戦略的なCXの企画設計を実現。顧客のロイヤルティ(信頼・忠誠心)を高める体験の可視化で改善要素が分かる。オンラインの商品・サービスもオフラインと同じ指標で評価できる。凸版印刷が店頭POPやオンラインの販売促支援で蓄積したノウハウと、Emotion Techが持つ顧客ロイヤルティ調査・分析の知見を組み合わせた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]