ヤフーが政府の「デジタル広告市場の競争評価最終報告」が指摘する課題の取り組み公表

広告品質向上と透明性確保の改善を継続し、安心して活用できるプラットフォームを目指す
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、内閣官房デジタル市場競争本部が4月27日に公表した「デジタル広告市場の競争評価最終報告」が指摘する課題に対して、同社サービス「Yahoo! JAPAN」でこれまで実施した取り組みを同日公表した。インターネット広告で「独自の広告品質におけるスタンダードの策定」や「広告サービス品質に関する透明性レポート」を定期的に公開することで品質向上や透明性の確保に取り組んで来た、としている。

政府の「デジタル市場競争会議」がまとめた最終報告では、デジタル広告市場の論点として「透明性」「データの囲い込みの懸念」「利益相反・自社優遇の懸念」「手続きの公正性等」「パーソナルデータ」「検索」を列挙した。これに対してヤフーは、①透明性や品質向上②広告配信における広告主の確認方法③利用規約変更に関する広告主側への告知④ユーザーのパーソナルデータの取扱い――の取り組みを具体的に挙げている。

広告業界が抱えるアドフラウド(広告詐欺)やブランドセーフティ(ブランド毀損の防止)の課題では、広告主がインターネット広告活用で基準となる価値と対策項目を定義し、審査実績を公開して透明性の確保を目指している、とした。ヤフーは今後、有識者会議を開いて外部の意見を取り入れ、透明性や公正性を意識して広告主や広告会社、広告配信パートナーが安心して活用できるプラットフォームを目指して継続的な改善を行う。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]