ニュースアプリ「SmartNews」で「お買い物混雑マップ」表示開始、“時差買い物”支援

店単位の時間帯別の混雑傾向をマップで紹介、コロナ禍の買い物に役立つ情報として提供
よろしければこちらもご覧ください

ニュースアプリ運営のスマートニュースは、同社が展開する同アプリ「SmartNews」で「お買い物混雑マップ」の表示を3月24日に始めた、と同日発表した。店舗ごとの時間帯別の混雑傾向をマップで紹介する。新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、買い物に役立つ情報として提供し「密」を避ける“時差買い物”を支援する。

お買い物混雑マップは、SmartNewsで「混雑マップ」チャンネルを追加すると表示。近隣のスーパー、ドラッグストア、ホームセンター、百貨店、モールなどの店舗を地図に示し、それぞれの曜日、時間帯別の混雑状況を知らせる。状況は「通常より混雑」「通常程度」「いつもより空いている」の3段階。対象は約4万9000店舗。

イメージ画像
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ヒット
Webサーバーにリクエストされたアクセスの数。HTMLファイルへのアクセスのほか ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]