LINEが新型コロナウイルスのワクチン接種でアプリ「LINE」を活用した予約システムを提供

住民の接種予約がLINEアプリで完結、全国約100の自治体がシステムの導入を決定・検討
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、実施が予定されている新型コロナウイルスのワクチン接種について、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した予約システムを提供する、と1月28日発表した。住民の接種予約がLINEアプリで完結できる。神奈川県寒川町、和歌山県紀の川市など全国の約100の自治体が、このシステムの導入を決定・検討しているという。

新型コロナウイルスのワクチン接種は、国の指示を受け、都道府県の協力で市町村が行う。現在準備が進められているが、電話で予約が取りにくかったり、問い合わせに対応するコールセンターの人材が不足していたりするなど、体制構築でさまざまな課題が考えられる。そのためLINEは、LINEアプリで手入力や電話対応の時間を削減できるようにする。

自治体から通知される接種券の番号などを住民が自治体のLINE公式アカウントを通じて入力すると、接種日時・会場の予約・変更が実現する仕組み。ワクチン関連情報へのアクセスや、よくある質問へのチャットボットによる回答も自治体のアカウントから可能。住民は、使い慣れたスマートフォンで時間や場所に関わらず予約・管理できるようになる。

LINEは、予約システムに加え、電話対応に関しても同社のAI(人工知能)ソリューション「LINE CLOVA」で支援。音声応対サービス「LINE AiCall」で電話対応を自動化することで、24時間受け付けられるうえ、電話が多くかかってきても同時対応が可能になる。接種後のフォローでワクチン・年代別などカテゴリごとの対象者に自動で電話をかけられる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]