金融機関と企業のデータ連携「OpenText Managed Services AnserDATAPORT 接続サービス」開始

オープンテキスト、ISDN/INSの2024年の終了予定に対応、金融機関との安全なデータ連携を実現
よろしければこちらもご覧ください

情報管理ソリューション事業のカナダOpen Textの日本法人、オープンテキストは、金融機関と企業間のデータ連携「OpenText Managed Services AnserDATAPORT 接続サービス」を1月25日に始めた、と同日発表した。NTT東日本・西日本のISDN(INSネットデジタル通信モード)が2024年の提供終了を予定していることに対応する。

ISDN/INSが終わると従来の電話回線での企業間の電子データ交換(EDI)が継続できなくなる。OpenText Managed Services AnserDATAPORT 接続サービスは、NTTデータの国内金融機関向けファームバンキングサービス「AnserDATAPORT」に、国内外の金融機関とのデータ連携を提供する自社の「B2B Managed Services」を接続する。

これによって企業はAnserDATAPORTと個別に契約することなく、各金融機関との安全な企業間データ連携が可能になる。同接続サービスの利用によって、新たなネットワークの構築が不要でオープンテキストのインフラ上で連携できる。支払通知番号や請求書番号などのEDI情報は、取引先金融機関の指定形式に自動で変換する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]