「Instagram」のライブ配信で収益を得られる「バッジ機能」のテストを日本でも開始

“投げ銭”機能、視聴者は「バッジ」を購入することでクリエーターやビジネスを支援
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、「Instagram」でライブ配信を通してファンから収益を得られる「バッジ機能」の試験を日本でも始めた、と10月20日(米国時間)発表した。視聴者によるいわゆる“投げ銭”の機能となり、視聴者は「バッジ」を購入することで、気に入ったクリエーターやビジネスを支援できる仕組み。

クリエーターやビジネスは、リアルタイムの情報をライブ配信する機能「Instagramライブ」を活用して収益を得たり、ファンとつながりを深めたりできる。バッジは120円、250円、610円の3種類がある。バッジを購入すると、コメント欄に自らのアカウント名と購入したバッジのアイコンが表示される。

バッジ機能のテストは米国で5月から行っているが今回、日本をはじめ11カ国、5万人以上の配信者に対象を広げた。クリエーターがバッジ機能で得た収益と同額をFacebookが上乗せして払うプログラムも11月に開始。Instagramをクリエーターが持続性のあるビジネスを構築するプラットフォームにする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]