スマートニュースが販売促進に特化した「SmartNewsサンプリング広告」を提供開始

人気のクーポンチャンネルで認知獲得し、サンプリング抽選に参加して商品を受け取れる
よろしければこちらもご覧ください

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュースは、広告メニューで「SmartNewsサンプリング広告」の本格的な提供を始めた、と8月20日に発表した。SmartNewsの「クーポンチャンネル」で告知する「認知獲得」から「店頭でのサンプリング配布」まで一気通貫でできる。飲料や食品メーカー、流通小売店舗の利用を見込む。

 

ユーザーはクーポンチャンネルで商品を認知し、サンプリングの抽選に参加できる。当選した場合は店頭で商品と引き換え、落選した場合はSNSで商品をシェアすれば再度抽選に参加できる設定も可能で、拡散効果を期待できる。大手飲食チェーンで1週間掲載したところ、ユニーク抽選参加者数は約300万人、のべ抽選回数が約2000万回を記録した。

 

クーポンチャンネルは2018年3月に開始。全国4万店舗以上の飲食店やコンビニエンスストアで使えるクーポンを配信し、月間1000万人以上にリーチ(7月31日現在)。クーポン利用回数は累計3億回を越えている(8月17日現在)。ユーザーが必要な情報としてニュースだけでなく「Ads as Content(コンテンツとしての広告)」を届ける役割を果たしている。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]