マーベリックが業界特化型マーケティングプラットフォーム「TRY ANGLE」を提供開始

第1弾はBtoB向け「B ANGLE」を展開、複数メディアを横断した広告配信と効果測定が可能
よろしければこちらもご覧ください

DSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)開発・販売のマーベリックは、業界特化型マーケティングプラットフォーム「TRY ANGLE(トライアングル)」の提供を始める、と6月18日に発表した。メディアを横断した広告配信と効果測定ができるサービスで、第1弾としてBtoB(企業間取引)商材の「B ANGLE」から展開する。

B ANGLEは、企業のマーケティング戦略に沿って複数メディアを横断して広告配信する。ブランディングやユーザー獲得など目的に応じてメディアを選定し、テレビCM素材や静止画数枚でBtoB向け動画広告を制作する。どの企業のどの役職や職種に効果があったかを可視化し、ブランド認知を把握する「ブランドリフト調査」も大量配信せず実施できる。

マーベリックはDSPを自社開発し、保有データと連携したマーケティング支援を展開してきた。複数媒体を横断する広告出稿や効果測定が難しいというマーケティング担当者の要望に応えて、業界特化型のプラットフォームを新たに開発した。今後は学生向けの「A(Academy) ANGLE」や自動車業界向けの「C(Car) ANGLE」を順次拡大していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]