Wovn Technologiesがアプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」をオフライン対応に

ver1.1.0にバージョンアップし、多言語切り替えと表示がオフライン環境でも利用できる
よろしければこちらもご覧ください

多言語・翻訳ソリューション開発のWovn Technologiesは、アプリを多言語化する「WOVN.app(ウォーブン・ドットアップ)」をバージョンアップした「1.1.0」の提供を5月29日に始めた、と6月16日に発表した。オフライン環境でも言語切り替えができる。アプリの世界展開や在留外国人の利用しやすさに応えた。最大40言語に対応する。

WOVNは、追加開発なしでWebサイトを多言語化する「WOVN.io」を提供してきた。アプリの多言語化を進めるため、「Swift」(iOSアプリ)と「Kotlin」(androidアプリ)の開発プログラミング言語に対応したWOVN.appの「バージョン1.0.0」を4月30日にリリース。今回のアップデートでオフラインモードに対応した。

「WOVN.app」の特徴

オンラインでアプリを起動すると翻訳データがアプリ内に保存される。その後は作業現場や交通機関で移動中など電波の弱い環境でも多言語切り替えと表示ができる。新提供のSDK(ソフトウェア開発キット)でローカライズファイルを生成管理せずに多言語化した。動画▽クーポン▽EC▽予約▽SaaS▽交通▽ファイナンスなどのアプリで利用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]