利用者数1位「Amazonプライムビデオ」は満足度では5位! 満足度上位のVODは?【HANABISHI調べ】

特定ジャンルに注力しているサービスほど人気だが、コスパが悪いと不人気に。
よろしければこちらもご覧ください

「みんなのランキング」を運営するHANABISHIは、「動画配信サービス(VOD)」に関する調査結果を発表した。新型コロナウイルスの影響で利用者が増えている定額動画配信サービスについて、利用率、満足度などをアンケート調査している。

利用率1位は「Amazon Prime Video」ながら、満足度では5位のギャップ

まず、「有料の動画配信サービスの利用」について全体(3,864人)に聞くと、「利用している」との回答は26.9%(1,039人)。年代別では20代の利用率が高く37.4%まで上昇する。

これら契約者1,039人に「現在契約中のサービス」を複数回答で聞くと、「Amazon Prime Video」609人が断トツで、2位の「Netflix」206人の3倍近い利用者数となった。3位は「U-NEXT」「Hulu」各156人が同数で並んだ。

 

続いて、「契約中のサービスの満足度」を5段階の評価で聞くと、「Amazon Prime Video」85.22%は、5位までランクダウン。最も満足度が高かったのは、スポーツ専門の「DAZN」90.78%。2位はアニメ作品見放題の「dアニメストア」89.83%だった。以下4位、アダルト作品を含め幅広いジャンルを手掛ける「U-NEXT」89.10%、テレビドラマに強い「Hulu」85.26%が続くなど、特定ジャンルに注力しているサービスがやはり満足度が高いようだ。逆に「Netflix」80.21%は、コンテンツの少なさが満足度低調の理由のようだ。

ただし、ディズニー作品の配信に特化した「Disney DELUXE」、テレビ局主導の「Paravi」のように、特化型ながら上位にランクインしなかったサービスも存在しており、コンテンツ数やコスパが、サービス満足度に大きく影響すると考えられる。

 

さらに、利用経験者(現在契約している、または以前動画配信サービスを利用したことのある1,447人)に「サービスを選ぶ際に重視するポイント」を聞くと、最多はやはり「料金」974人。利用しなくても支払いが発生するサブスクリプションサービスでは、コスパがとくに気になるようだ。以下は2位「見放題作品数」771人、3位「好きなジャンルの充実度」718人が続いた。

 

調査概要

  • 【調査対象】日本全国15歳以上
  • 【調査方法】インターネット上でのアンケート調査
  • 【調査期間】2020年05月21日 ~2020年05月28日(複数回にわけて実施)
  • 【有効回答数】3,864人(サービス契約の2択)、1,039人(サービスの利用者数・満足度)、1,447人(サービスの重視するポイント)
主な動画配信サービス
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]