Kaizen Platformが営業活動のDXをサポートする新たなサービス「KAIZEN Sales」開始

動画とデータの活用で営業活動を可視化するCMS、リモートでの営業活動の課題解決へ
よろしければこちらもご覧ください

デジタルトランスフォーメーション(DX)=ITを活用した業務変革=支援プラットフォームサービス事業のKaizen Platformは、営業活動のDXをサポートする新たなサービス「KAIZEN Sales」を始めた、と5月12日発表した。動画とデータの活用で営業活動を可視化するクラウド型の営業向けCMS(コンテンツ管理システム)となる。

新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークを導入する企業増加していることから、リモートでの営業活動の課題解決につなげる。パソコンやタブレットからアクセス可能な動画を一括管理し、営業現場への配信、更新などの運用負担を軽減。各動画の視聴回数などのデータが取得でき、商談状況に応じた活用が可能になる。

動画を活用した問診システムによってソリューション営業で重要になるヒアリング力を高め、リモート環境や各種ソリューションを持つ営業にとって容易ではない顧客の課題把握を実現する。ヒアリングの結果データは管理者と共有される。ターゲット顧客ごとにURLを生成し、メールなどで営業の動画を送付することもできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]