東急エージェンシーとオムニバスがデジタルマーケティングの合弁会社「アラテ」を設立

生活者データと消費者インサイト分析の蓄積生かし、OMOなど最新マーケティングを展開
よろしければこちらもご覧ください

東急グループの総合広告代理店、東急エージェンシーと、クレディセゾンのグループ会社でデジタルマーケティングのオムニバスが、合弁会社「アラテ」を4月1日に設立した、と4月24日に発表した。デジタル広告▽ウェブコンサルティング▽データソリューションの三つの事業・サービスを提供する。


サイトの画面キャプチャ

デジタル広告では、リスティング▽ディスプレイ▽SNS▽動画▽プレミアム広告(純広告)などをプランニングして運用サービスを提供。さまざまなプラットフォーマーやシステムベンダーと協業し、シームレスな購買体験をデジタル技術の活用で提供する「OMO(Online Merges with Offline)」などの最先端マーケティング手法を導入する。

ウェブコンサルティングでは、各種データと広告技術を駆使して顧客体験(CX)をもたらす戦略を策定する。データソリューションでは、東急エージェンシーとオムニバスの両社で培ってきた生活者データと消費者インサイト(購買行動の動機)分析を基に、顧客企業の課題に応えるデジタルマーケティングを展開していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]