店の棚前行動を分析する「コンテンツパワーリサーチ」をインパクトホールディングスが提供

子会社のRJCリサーチとimpactTVが連携、顔認証センサー付きサイネージで動画の販促効果を測定
よろしければこちらもご覧ください

流通・サービス店舗アウトソーシング事業のインパクトホールディングスは、子会社で総合マーケティング・リサーチ事業のRJCリサーチと、店頭販促事業のimpactTVが連携し、顔認識センサー付きデジタルサイネージ(PISTA)で店舗の棚の前の消費者行動データを収集・分析する「コンテンツパワーリサーチ」サービスを開始した、と4月13日に発表した。デジタルサイネージ動画の販売促進効果を測定し、改善に生かす。



PISTAが集めるデータを基に、消費者の棚前通行量▽キャッチ率▽総視聴数・総視聴割合▽平均視聴数・平均視聴時間▽視聴時間比率--などを分析。動画を1カ月単位で変更して比較検討するABテストで効果を検証する。通行量データを基にした売り場の提案や、通行客の何%を棚に誘い入れたかのキャッチ率データを基に動画の演出や構成を最適化できる。



3カ月の料金は顔認証センサーサイネージ3台とデータ分析1回のパッケージで30万円(税別)。調査終了後も通信型サイネージとして最大6カ月利用でき、6カ月以降はオフラインサイネージとして使用できる。新型コロナウイルスの感染拡大防止で販売員と接触しないサイネージの有効活用が期待されており、コンテンツパワーリサーチで収集したデータを活用してサイネージの効果を最大化する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス