ブランド広告向け広告プラットフォーム「PORTO」とパブリックDMP「Fortuna」が連携

VOYAGE GROUPとSupership、広告主の施策に合わせた効果的なターゲティングが可能に

広告プラットフォーム事業のVOYAGE GROUPは、同社のブランド広告向け広告プラットフォーム「PORTO(ポルト)」と、デジタルマーケティング支援のSupershipが提供するパブリックDMP(データマネジメントプラットフォーム)「Fortuna(フォーチュナ)」が連携を始めた、と1月29日発表した。効果的なターゲティングができる。

Fortunaと連携したことでPORTOは、従来のセグメントデータに加えてFortunaの正確な属性データや高精度の興味・関心データを活用した広告配信が可能になり、広告主のマーケティング施策に合わせたターゲティングを実現する。VOYAGE GROUPとSupershipは今後、データと技術に基づくマーケティング分野で連携を進める。

PORTOは屋外デジタル(DOOH)広告が配信できたり、ラジオ広告と同じフォーマットでオーディオ広告のプログラマティック(広告枠の自動買い付け)配信ができたりする仕組みなどを提供。さまざまなフォーマットの統合管理を目指す。Fortunaは正確なデータで顧客の理解促進を支援し、マーケティング課題の解決につなげる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]