サイバー・バズがインフルエンサーマーケティング最適化「IMO」サービス開始

広告主やブランドごとに最適な指標を抽出してインフルエンサーの選定に活用
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティング事業のサイバー・バズは、インフルエンサー(大きな影響力がある人)マーケティング最適化システム「IMO(influencer marketing optimization)」のサービスを12月3日に正式に始めた、と同日発表した。広告主やブランドごとに最適な指標を抽出し、インフルエンサーの選定に活用する。

IMOはインフルエンサーマーケティングへの関心の高まりを受けて10月からβ版を展開していた。同社のインフルエンサーネットワーク「NINARY」会員の投稿、フォロワーの属性などの情報や、プロモーション施策実施前後の結果分析データ、独自の計算に基づくインフルエンサーのスコアなどから、最適な指標を抽出する。



さらに、起用したインフルエンサーに対して商品やブランドへの好意度の変化などを長期的に観測し、商品やブランドと親和性の高いインフルエンサーのデータベースを蓄積。インフルエンサーの増加や分野の多様化、新しいプラットフォームなども見据え、長期的にみて広告主やブランドに最適なインフルエンサーを選ぶ。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス