ChatBookとMarketo Engageが連携、MarketoとFacebook Messengerとの連携は初

会話の内容を追加でき、Marketo Engage上でオートメーションルールに入れることが可能に
よろしければこちらもご覧ください

情報通信のChatBookは、アドビのマーケティングオートメーションプラットフォーム「Marketo Engage」と連携を開始した、と11月12日発表した。Marketo Engageを利用してFacebook Messengerでの自動マーケティングを行えるのは、ChatBookが初となる。

Marketo Engageとの連携を利用することで、チャットボットと会話したユーザーや会話の内容を追加することができ、Marketo Engage上でオートメーションルールに入れることが可能になる。

従来、ChatBookを利用して見込み顧客を獲得していた際、Marketo Engageで管理するためには顧客情報を手動で入力する必要があった。今回の連携で、ChatBookで作成したフェイスブックページ上で獲得した見込み顧客はMarketo Engageに自動で追加・更新され、他のマーケティングツールを利用して獲得した見込み顧客との統合ができるため一元管理ができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]