小学館のDMPとOutbrainが連携。小学館のオーディエンスデータを活用した広告配信が可能に

国内300を超えるパブリッシャーへコンテンツを配信
よろしければこちらもご覧ください

 

小学館は、同社オリジナルのDMP(データマネジメントプラットフォーム)「コトバDMP」で、小学館運営の主要webメディアでデータ収集と分析を行っている。今回、Outbrainとの連携によりコトバDMPで解析・作成した小学館オリジナルセグメントを活用したOutbrainネットワークへの広告配信を開始した、と10月25日発表した。 コトバDMPで解析・作成した小学館オリジナルセグメントをターゲティング対象として、アウトブレイン ジャパンがネットワークする国内300を超えるパブリッシャーへコンテンツを配信することが可能になった。 コトバDMPを活用することで、訴求商材に関心度の高いユーザーを抽出し、コンテンツへの送客を行うことで高い興味を持ったユーザーに深く、長くコンテンツを楽しんでもらうことができるようになる。ユーザーにアプローチ可能な雑誌メディア本来の価値をwebメディア上で再現することができた、という。

記事初出の時点で、タイトルに一部誤りがありましたことを訂正してお詫び申し上げます。(Web担当者Forum編集部 2019年10月30日 13:20)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]