MRグラスで仮想空間でも円滑にコミュニケーションがとれる? 博報堂DYホールディングスが実証実験を開始

岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/10/1 14:48

博報堂DYホールディングスは、クリエイティブスタジオ事業のMESONとの共同研究の一環として、MR(複合現実)グラスを使用したARクラウド(クラウド上に保存した現実世界の3Dデジタルコピーを共有する技術)コミュニケーションサービスのプロトタイプ開発と実証実験を開始した、と9月30日発表した。

AR(拡張現実)は、生活者に身近なものとなり、日常生活での活用が進んでいる。博報堂DYホールディングスと、ARを核とした体験のプランニング・開発を行うMESONでは、MRグラス「NrealLight(エンリアルライト)」を用いたARクラウドにおけるコミュニケーションサービスのプロトタイプ開発と実証実験を行うことにした。

開発中のサービスは、ARクラウドを用いた仮想空間に、現実空間の店舗やスポットの写真・口コミなどのデジタル情報を配置。その仮想空間において、MRグラスを着用した、複数のユーザーが同時にデジタル情報を操作し、コンテンツ投稿などのコミュニケーションを可能にするサービスを想定しているという。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]