レッドボックスが定額ウェブ負荷分散・高速CDN「エッジキャッシュCDN」でWAFを無料提供

ウェブアプリケーション攻撃への対策、課題だった導入・運用の難しさとコスト増を解決
よろしければこちらもご覧ください

負荷分散システム開発・コンテンツ配信ネットワーク(CDN)事業のレッドボックスは、同社の定額制ウェブ負荷分散・高速CDNサービス「エッジキャッシュCDN」で、ウェブサイトを守るセキュリティ対策のWAF(ウェブアプリケーションファイアウオール)の提供を10月1日に始める、と9月26日発表した。全プラン無料で利用できる。

個人情報を扱うウェブサイトが攻撃対象になり、情報漏えい事案が増加している。原因のトップはウェブアプリケーションへの攻撃とされ、その保護が一層重要になっていることから提供する。従来のWAFサービスの課題になっていた導入・運用の難しさとコスト増を解決し、容易にセキュリティレベルを高められるようにした。

レッドボックスのWAFは、導入までのステップが手軽なProxyタイプと呼ぶ仕組み。既存のDNS(ドメインネームシステム)レコードの変更で利用でき、保護するウェブサーバーがどのクラウドにあっても適用可能。CDN基盤にWAFシステムを直接組み込んでいるため、従来のProxy型WAFと比べてコストが最大10分の1削減できるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]