ブレインパッドのRPA「ブレインロボ」の導入でEC事業の作業負担減と売り上げ増実現

エンターテインメント企業のドラマ、ECサイトの在庫表示更新自動化でサービスを向上
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングサービス事業のブレインパッドは、同社が提供するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)「ブレインロボ(BrainRobo)」を導入したエンターテインメント企業のドラマが、EC事業の作業負担減、サービス向上、売り上げ増を実現した、と5月29日発表した。2ヵ月の準備期間で効果があったという。

RPAはソフトロボットでの業務効率化・自動化を意味する。ブレインロボは、人がパソコンで行う作業を自動化するソリューションで、人工知能(AI)や機械学習技術によって、人の判断が必要な高度な業務の効率化も可能になる。ドラマは近年、EC事業に力を入れ、ECサイトの在庫管理にかかる時間と費用が課題になっていた。

これまでは外部に委託・構築したシステムで商品リストと在庫数を管理し、ECサイトに反映していた。今回新たなECサイト出店が決まり、ブレインロボを採用。毎日1時間かかったECサイトの在庫表示更新業務を自動化することで更新頻度を高めた。在庫切れ情報がすぐ反映されてサービスが向上し、売上高増加につながった。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]