テラデータの分析プラットフォーム「Teradata Vantage」の基盤をヤフーが採用・稼働

日本テラデータ、ヤフーはTeradata Vantageの国内で初のユーザー、データ利活用を推進
よろしければこちらもご覧ください

データ分析製品・サービス事業を展開する米国テラデータの日本法人、日本テラデータは、ヤフーがテラデータの次世代型分析プラットフォーム「Teradata Vantage」を採用し、データ分析基盤を稼働させた、と5月15日発表した。ヤフーはTeradata Vantageの国内で初のユーザーとなる。

ヤフーはテラデータと技術提携し、ヤフーのビジネスを支える各種サービスのデータをこれまでもテラデータ製品「Teradata Database」に収集し、大規模に分析してきた。今回システム拡張に合わせてTeradata Vantageのコアエンジン「NewSQL Engine」を活用した分析基盤を構築した。

 

NewSQL EngineはTeradata Databaseの後継製品で、進化する高度な分析機能をサポート。ユーザーは、数学・統計、データ変換、スコアリング機能などの関数に即時にアクセスできる。ヤフーは「Teradata Vantageを通じ、ヤフー全体のデータ利活用をさらに推進していきた」としている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]