Amazon、新たな物流拠点「アマゾン川口FC(フルフィルメントセンター)」を開業

施設は4階建屋のうち2~4階を使用し、延床面積約12,700坪を使用
よろしければこちらもご覧ください

Amazonは、「Amazon Robotics」を導入した新たな物流拠点「アマゾン川口FC(フルフィルメントセンター)」を開業し、9月に本格稼動を予定している、と4月16日発表した。施設は4階建屋のうち2~4階を使用し、延床面積約12,700坪(約 42,000㎡)を使用する。

Amazon Roboticsは、商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動するテクノロジーで、ロボットが商品棚を従業員の前まで運ぶことにより従業員が移動することなく業務できるため、入荷した商品の棚入れ時間と、顧客の注文商品の棚出し時間の削減につながる。

Amazonでは、ニーズに応えることに加え、品揃えの強化を図るため、日本のFCネットワークの規模を拡大している。FCネットワークの拡大により、Amazon マーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援するとともに、迅速な配送を提供することも目指している。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

リンケラティ
リンクを張ってくれるひとたちを指す造語。 SEOにおいてリンクは重要な要素 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]