「Instagram」キャンペーンでの「Stories」投稿収集サービス「Cam Collect」開始

トライバルメディアハウス、企業の活用を後押し、投稿条件を提案してデータを納品

ソーシャルメディアマーケティング支援事業のトライバルメディアハウスは、企業やブランドが写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」で行うキャンペーンでの「Stories(ストーリーズ)」投稿の収集・レポーティングサービス「Cam Collect(キャンコレクト)を始めた、と3月28日発表した。ストーリーズの活用を後押しする。

インスタグラムのストーリーズは、スライドショーのような形で日常的な写真・動画の投稿やライブ配信ができ、24時間で削除される。マーケティング活動で注目される一方、投稿が24時間で消えるためにデータの取得が難しく、数値が計れない、といった課題を抱えている企業が多いことから、キャンコレクトを展開することにした。

 

キャンコレクトではキャンペーンで募るストーリーズ投稿の条件を提案し、キャンペーンの投稿アカウント名・URLや投稿画面の画像データを収集。データをまとめた資料を納品する。料金は収集期間平日最大5日で25万円。ストーリーズ投稿をキャンペーンの参加条件にすると、より多くのユーザーの閲覧・参加が期待できるという。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]