フィードフォース、データフィード管理ツール「dfplus.io」でブラウザ経由のアップロードが可能に

商品マスターデータファイルの更新作業が従来よりも簡単に可能に
よろしければこちらもご覧ください

B2B関連事業のフィードフォースは、同社のデータフィード管理ツール「dfplus.io」がPC上に保存した商品データファイルをブラウザ経由でアップロード可能にする機能を追加した、と3月18日発表した。新機能により、商品マスターデータファイルの更新作業がより簡単にできるようになる。

従来、PC上で作成した商品データファイルや、自社システムからPCにダウンロードした商品データファイルをdfplus.ioで利用するには、一度HTTPサーバーまたはFTPサーバーにアップロードし、サーバー経由でインポートする必要があった。

アップデートにより、PC上の商品データファイルをブラウザ経由で直接dfplus.ioへアップロードすることが可能になり、簡単に利用できるようになった。新機能は、dfplus.ioを利用中のすべてのユーザーが特別な追加料金なしに利用できる。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]