電通・電通デジタルとアドビの3社が「デュアルファネルソリューション」の提供で連携

企業の新規顧客獲得と既存顧客育成への対応を一本化することでマーケティングROI向上
よろしければこちらもご覧ください

電通と100%子会社でデジタルマーケティングの電通デジタル、アドビシステムズの3社は、企業の新規顧客獲得と既存顧客育成への対応を一本化することでマーケティングROI(投資利益率)を高める仕組み「デュアルファネルソリューション」の提供で連携する、と2月15日発表した。新規顧客獲得と既存顧客育成のデータ統合を支援する。

電通グループのマーケティングプラットフォーム「People Driven DMP」と、アドビのデータ管理プラットフォーム「Adobe Audience Manager」を通じて同社の分析ソリューション「Adobe Analytics」で計測されるオンラインでの行動情報や、属性情報などと連携。新規顧客獲得と既存顧客育成に関する課題解決が同じ概念上で可能になる。

従来は新規顧客獲得と既存顧客管理のファネルは個別に設計・管理されてきた。ファネルは漏斗を指し、新規顧客獲得は認知から購入まで数が減る逆三角形で表し、既存顧客育成は購入後の消費者が優良顧客になっていく三角形で表現される。電通とアドビがデータ連携と分析、電通デジタルがシステム導入と広告設計・配信の運用を支える。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

DNS
DNS(Domain Name System/Domain Name Serve ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]