D2C Rが短編動画共有アプリ「TikTok」での運用型広告配信へ広告パートナーシップ締結

広告効果測定データ基盤「ART DMP」活用、専門マーケ支援組織「TikTok戦略室」も編成
よろしければこちらもご覧ください

アプリマーケティングのD2C Rは、中国のメディア企業、ByteDance(字節跳動)が展開するスマートフォン向け短編動画共有アプリ「TikTok」での運用型広告の配信を目的に、日本法人のByteDanceと広告パートナーシップを結んだ、と2月13日発表した。TikTok専門のマーケティング組織「TikTok戦略室」も立ち上げた。

動画プラットフォームの利用時間が鈍化する一方で短編動画のプラットフォームは急成長し、TikTokが人気アプリとして利用者が増えているという。そのためD2C Rは、広告パートナーシップ契約を締結するとともに専門チームを編成することで、このアプリを活用した企業のマーケティング支援を強化することにした。

パートナーシップ契約によってD2C Rの広告効果測定データ基盤「ART DMP(アートディエムピー)」を生かし、スマートフォン・タブレットのアプリで利用される広告用端末識別Iなどユーザーデータを基に、TikTokでリターゲティング配信が可能になった。戦略室ではTikTok活用のマーケティングを積極的に支援する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]