電通デジタルと電通、アドベリフィケーション問題への対応強化で、「テーラードホワイトリスト」と「エージェンシーブラックリスト」の運用を開始

個々の広告主ごとにスコアを設定して広告したり、悪質性の高いドメインを監視・検知
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/2/7 15:08

電通デジタルと電通は、デジタル広告におけるアドベリフィケーション問題への対応を強化するため、「Tailored Whitelist(テーラードホワイトリスト)」と「Agency Blacklist(エージェンシーブラックリスト)」という2つの施策の運用を2月6日より開始する、と同日発表した。

Tailored Whitelistは、個々の広告主ごとにブランドセーフティ、アドフラウド、ビューアビリティなどのスコアを設定した広告配信ができる施策。Agency Blacklistは、24時間365日体制で、違法性や悪質性の高いドメインを監視・検知することができ、広告配信先から自動的に該当ドメインを除外できる。

2つの施策を原則すべての案件で適用することにより、従来は困難だった広告主のブランドリスクに対する基礎的な安全性のコントロールと、広告主のニーズに合わせた最適なデジタル広告の運用が実現する。電通グループはこれらの施策を通グループの行動指針「Clear Code」に基づき運用していく。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]