サイバーエージェントのブランディング広告向けDSP「Skyrocket」、配信エンジンを大幅アップデート直帰率削減により滞在時間向上へ

機械学習により直帰率削減を可能にする配信エンジンのアップデートを実施
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、ブランディング広告向け滞在時間最大化DSP「Skyrocket」において、機械学習により直帰率削減を可能にする配信エンジンのアップデートを実施した、と11月12日発表した。 ブランディング広告において、クリック直後に商材に興味を示さずに離脱してしまう「直帰」ユーザーが多いことは課題となっている。Skyrocketでは、直帰の定義をさらに細分化し、「LP(ランディングページ)を表示して数秒以内に離脱したユーザー」を「即帰」と定義し、滞在時間をいかに向上するかということを効果指標としている。 Skyrocketでは滞在時間の向上を図るため直帰ユーザーのような滞在時間の短いユーザーの抑制機能を追加した。配信エンジンのアップデートにより、即帰ユーザーの予測が実現し、予測を加味した配信・運用をすることで、より滞在時間の長いユーザーへの配信効率が向上したという。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]