セプテーニ、Facebook広告のLift APIを活用した新しい広告運用手法を構築

リアルタイムで広告運用のPDCAを回すことが可能な広告運用手法

インターネット広告のセプテーニは、Facebook広告において、Facebook広告の公式APIパートナーのみ使用可能な「Lift API」を導入し、広告のビュースルー効果をより正確に評価しながら、リアルタイムで広告運用のPDCAを回すことが可能な広告運用手法「Conversion Lift Based Optimization」を構築した、と11月13日発表した。

Facebook広告において、広告効果を正確に評価するには、ユーザーが広告接触直後どれだけクリックしたかを成果とするクリックスルーコンバージョンや、広告接触後の間接的な行動変容も成果とするビュースルーコンバージョンを測定することが重要となる。ビュースルーコンバージョンの測定は従来一定期間を要するため、短期間では広告運用におけるPDCAを回しにくいことが課題となっていた。

Conversion Lift Based Optimizationは、コンバージョンリフト調査を半自動化し、リアルタイムでコンバージョンリフト値を確認しながら広告運用できる。この手法により、広告効果の正確な評価に基づいて、ターゲティングやクリエイティブなど即時にPDCAを回すことが可能となるため、より迅速に広告運用を最適化し、広告主企業の広告効果の向上を図ることができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]