マイナビがウェブ接客ツール「CODE Marketing Cloud」を展開するエフ・コードに出資

自社が運営するメディアの利便性と価値の向上へ、オークファンも第三者割当引き受け
よろしければこちらもご覧ください

人材広告のマイナビは、ウェブコンサルティング・SaaS事業のエフ・コードに出資した、と9月27日発表した。エフ・コードはウェブ接客ツール「CODE Marketing Cloud」を展開していて、マイナビはその活用を検討して自社が運用するメディアの利便性と価値の向上につなげる。将来は両社の強みを生かした新ビジネスも開発する。

ウェブ接客ツールは、ウェブサイトからの離脱防止やサイトでのコンバージョン(最終成果)率改善を狙いに、多くのサイトに導入されている。中でもCODE Marketing Cloudは、サイト来訪者の訪問回数・訪問ページなどの行動履歴や、連携する外部データに基づいてユーザーそれぞれへの接客が最適化でき、成果が見込まれるという。

今回エフ・コードは第三者割当増資を実施し、マイナビに加え、ショッピング・オークションサイトの商品データ収集・分析を手掛けるオークファンや、複数の個人投資家も引受先となった。マイナビはこれまでも、自社関連事業との連携・発展の可能性がある企業や、成長が期待できるスタートアップ企業に積極的に出資している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]