BiNDシリーズの画像編集ツール「SiGN」が刷新

デジタルステージのBiNDシリーズに搭載のSiGNのインターフェースとテンプレートを刷新
よろしければこちらもご覧ください

ソフトウエア企画・開発・販売のデジタルステージは、Web制作サービス「BiNDクラウド(バインド・クラウド)」と「BiND for WebLiFE10(バインド・フォー・ウェブライフ10)」に搭載する画像編集ツール「SiGN(サイン)」を刷新し、5月17日より提供を開始する、と同日発表した。SiGNはこれまでもグラフィック専用のツールとしてBiNDに搭載していた。今回、より直感的な操作性と機能性を備え、インターフェースとテンプレートをすべて刷新した。

刷新したSiGNは、サイトだけでなくSNSにも使える62種の画像テンプレートと、グラデーション機能やフィルター機能を加え、デザインに不慣れでもグラフィックが作成できるよう、直感的なインターフェースとなった。これまでWebフォントとして提供してきたFONTPLUSのフォントを始めとする1,401種類の書体やアイコンフォントを収録し、ロゴデザインも自在に作成することが可能となった。SiGNで作成した画像は、BiND上でWebパーツとして扱えるほか、画像ファイルとして書き出すこともできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]