イクスが広告計測システム「EQS VIEW」にITP機能を搭載、より正確なトラッキングが可能に

正確なトラッキングを実現するシステムを開発し、ITP機能に対応

インターネット広告のイクスは、広告計測システム「EQS VIEW(イクスビュー)」において、CookieやFingerPrint(デジタルコンテンツにおける指紋)に依存せず、「ITP(Intelligent Tracking Prevention)」に対応した新たな計測システムを開発し、5月10日より公開する、と同日発表した。従来の計測システムは、導入コストがかかり、ユーザーの特定が難しいといった課題があった。イクスは正確なトラッキングを実現するシステムを開発し、ITP機能に対応した。

イクスが開発したトラッキングシステムでは、CookieやFingerPrintに依存せず、広告の配信や計測をすることができる。従来通り、成果ページにタグを設置するのみで、ITP機能に対応した形で計測を行うことができる。Cookieの技術も併用しているため、PC・AndroidなどITPの影響を受けないプラットフォームではこれまで通りの計測ができ、既に発行したCookieもそのまま利用できる。システムの導入によって、既存ユーザーが重複してカウントされるといった問題は発生せず、正確なトラッキングを実現するシステムとなっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]