電通デジタル・電通デジタルドライブ・トランスコスモスが共同で企業のLINE向けマーケティング支援サービスを提供開始

セグメント配信、メールやアプリなどと組み合わせたマルチチャネル配信などが可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/3/23 19:31

電通デジタルと電通デジタルドライブ、インターネット広告のトランスコスモスは、共同でセールスフォース・ドットコムの「Salesforce Marketing Cloud」を活用した、「LINE」における企業のマーケティング支援サービスを開発し、戦略策定から配信運用までのサービスを提供する、と3月22日発表した。電通デジタル、電通デジタルドライブ、トランスコスモスの3社が協業することで、LINEでのユーザーの嗜好・Web上の行動をトリガーとしたセグメント配信、メールやアプリなどの他チャネルと組み合わせたマルチチャネル配信、販促キャンペーン活用が可能になる。

トランスコスモスが開発した「DEC Connect」を中継モジュールとして組み合わせることにより、「チャットボット」とも連携し、チャットの会話情報をデータソースとした「Salesforce Marketing Cloud」によるLINE配信も展開可能になる。電通デジタルとトランスコスモス、電通デジタルドライブは、各社の強みを活かして戦略策定から配信運用まで一括したサービスを提供していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]