「コードアワード2018」開幕、2つの新カテゴリを加えて3/26受付開始

「オンライン・フィルム」「プロダクト&サービス」2つの賞を新設した
よろしければこちらもご覧ください

D2Cは3月1日、デジタルクリエイティブのアワード「コードアワード2018」の開催を発表した。3月26日から5月7日にかけて作品を募集する。

選考対象の作品は、2017年4月1日から2018年3月31日の期間に実施、開始された企業・ブランド・自治体などが提供する商品サービスについて、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション施策となる。日本国内の施策に限らず、規模、デバイス、Webサイト・アプリなども問わない。

本年度は、新たにプロモーション動画コンテンツが対象の「オンライン・フィルム」、デジタルを活用した商品・サービスが対象の「プロダクト&サービス」賞を設けた。

応募料金は1作品につき12,960円(日本国外からの応募は無料)。期間中は応募Webサイトで何度でも応募内容を修正できる。グランプリおよび各賞の最終審査結果は、7月中旬に発表する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]