サイバーエージェントが「Google AdWords」のDSAページフィード自動運用機能提供

「Page Feed Manager」、SEM運用の統合型プラットフォーム「Search Suite」に追加

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社が提供するSEM(検索エンジンマーケティング)運用に特化した統合型プラットフォーム「Search Suite」に、Googleが展開する広告出稿サービス「Google AdWords」のDSA(動的検索広告)のページフィードを自動運用する機能「Page Feed Manager」を加えた、と1月16日発表した。DSAの対象にするページを自動的に網羅し、広告の説明文を自動生成する。

企業は、自社商品をリスト化したデータをPage Feed Managerと連携することで、新商品など新たに追加したページ情報から自動的に広告グループ、広告説明文の生成が可能になる。商品在庫がなくなった時は、その商品ページに紐付いた広告を止められ、広告したい商品をリアルタイムに反映できる。適切な広告説明文の設定によるクリック率向上や、在庫切れ商品の広告停止で目標達成率改善が見込める。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]