CyberZ、スマホ広告のクリエイティブを要素分析・改善する「タグクリエイティブレポート」を提供開始

タグごとのクリエイティブ効果分析を行う集計基盤「zen」を開発しレポートを提供
よろしければこちらもご覧ください

サイバーエージェントの連結子会社でモバイル専門広告代理事業のCyberZは、広告クリエイティブ強化のため、タグごとのクリエイティブ効果分析を行う集計基盤「zen」を開発し、約500種類のクリエイティブ構成タグと無制限のクリエイティブ訴求タグに基づく「タグクリエイティブレポート」の提供を開始する、と12月22日発表した。CyberZはクリエイティブ制作量とクリエイティブ品質の向上を進めており、品質向上の決め手としてzenを開発した。

zenの活用メリットには、「具体的で緻密なPDCA」がある。クリエイティブ単位で広告効果の良し悪しを見るだけでなく、当該クリエイティブのどこが良く、どこが悪かったのか、までを定量化した具体的で緻密なPDCAを実現する。活用メリットには「クリエイティブ品質のボトムアップ」もある。zenはクリエイティブの企画設計から分析まで最良なワークフローで動く画一的な仕組みのため、要素レベルの企画設計や分析を踏まえた説明性の高いクリエイティブ制作を、全社横断で実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]