データフィード統合管理「dfplus.io」にフィードを自動的に最適化する新機能を追加

フィードフォース、価格や在庫情報の加工処理が不要でデータフィード作成ステップ削減
よろしければこちらもご覧ください

商品データを配信先のフォーマットに変換して送信する仕組みのデータフィード関連事業を展開するフィードフォースは、同社のセルフサーブ型のデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」に、広告媒体の仕様に合わせてフィード(配信用に加工した文書)を自動的に最適化する新機能を加えた、と11月13日発表した。これまで個別に対応する必要があった価格や在庫情報の加工処理が不要になり、データフィード作成ステップが削減できる。

広告媒体のフィード項目に関連付けた商品データの値を媒体の仕様に応じて自動で最適化する。データの値が特定の値の状態になっていれば、その値を広告媒体先の仕様に則した形に加工する。第1弾で「Facebook」「Google Merchant Center」に配信するフィードの「price」「sale_price」「availability」「gender」の項目で利用できるようにした。dfplus.ioは主要広告媒体へのデータフィード送信や、データフィード運用に必要になる機能を提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]