マイクロアド、アプリ向けサービス「MicroAd ENGAGE」に企業が保有する会員情報を統合する新機能を追加

取得した行動データや、会員属性情報などを組み合わせ、コミュニケーションが可能
よろしければこちらもご覧ください

広告配信事業のマイクロアドは、アプリユーザーの定着率や成約率などを向上させるサービス「MicroAd ENGAGE」に、個々のユーザーに合わせたコミュニケーションに活用する機能を新たに追加した、と9月4日発表した。MicroAd ENGAGEを導入したアプリは、ユーザーに対して「アプリ内アンケート」「アプリ内メッセージ」のセグメント配信機能を活用する際に、アプリ上で取得した行動データや、アプリデベロッパーが保有する会員属性情報などを組み合わせ、さまざまなコミュニケーションが可能になるという。

MicroAd ENGAGEの利用によって可能になるコミュケーションは、「既存顧客のデータを活用することにより、特定の行動属性のあるユーザーに対して、最適化されたキャンペーン告知が実現できる」「実店舗での購買行動をもとにした有益なメッセージやアンケート配信を行うことができる」「ユーザーのアクティブ率や課金状況をもとにアプリ内メッセージ配信を行うことができる」など。今回の機能追加に合わせ、マイクロアドではMicroAd ENGAGEに「無料利用プラン」の提供を開始した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]