博報堂がUX起点の新たなコンサルティングサービス「Business UX Engineering」開始

生活者と企業を動かすUXコンセプトを策定、事業構造の改革とエンジニアリングを実施

博報堂は、企業の成長を支援する新たなコンサルティングサービス「Business UX Engineering(ビジネスUXエンジニアリング)」を始める、と7月25日発表した。事業の成長につながる生活者に提供するべき体験(UX)=ユーザーエクスペリエンス=を規定し、同時にさまざまな企業活動の変革を行う。事業課題、生活者インサイト、テクノロジーチャンスの3つの視点から、生活者と企業を動かすUXコンセプトを策定する。

Business UX Engineeringは、事業変革を目指す企業への提供を想定する。UXコンセプトの効果発揮に必要なバリューチェーン(価値の連鎖)や業務プロセスを定義するほか、持続的に効果をもたらすための情報システムや各種オペレーションの変革まで展開。生活者のUXを起点に事業構造の抜本的な改革とエンジニアリングを実施する。博報堂は全社横断のUXプロジェクトを設け、UX関連ソリューションを強化している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Atom
(1)フィードのフォーマットの一種 インターネットの更新情報を配信するため ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]