ソフトバンク・テクノロジー、チャットボットを利用したBtoB営業支援ツール開発、7月提供に向け自社で先行導入

営業支援ツールは、営業生産性向上のため自社に導入後、製品化に向けて改良
よろしければこちらもご覧ください

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、チャットボットを利用したBtoB向け営業支援ツール「Dynamics 365 活動報告用 BOT」を開発し、営業生産性向上を行うため、まず自社へ導入した、と5月22日発表した。Dynamics 365 活動報告用 BOTは、マイクロソフトのSkype for Business Bot Frameworkを取り入れたもので、活動報告用チャットボットに話しかけるだけでビジネスアプリ「Microsoft Dynamics 365」に登録できる。SBTは、自社導入で得たノウハウで製品化にむけた改良を行い、Dynamics 365のオプションサービスとして7月に一般に提供を開始する。

SBTは、「訪問後すぐに次の予定があると、CRMへの登録が遅れてしまう」などの意見を受け、顧客管理システムへの登録方法を改善することでCRMの利活用や働き方改革への一助になると考えDynamics 365 活動報告用 BOTを開発した。このチャットボットはCRMへの登録時間も短縮することが可能となり、総合的に営業生産性が向上する。SBTは、開発したチャットボットが働き方改革に寄与できると考え、自社への導入を行った。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]