インテージが保有マーケティング支援データの連携活用サービス「INTAGE connect」開始

企業が利用するBI・CRMツールと連携、社内に分散するマーケティングデータを統合管理
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングリサーチのインテージは、保有する各種のマーケティング支援データと、BI(ビジネスインテリジェンス)ツール・CRM(顧客関係管理)ツールとの連携を可能にするサービス「INTAGE connect」を5月16日に始めた、と同日発表した。インテージが持つデータと他社のサービスを結び付けられ、インテージのデータを契約している企業は、自社で利用するBIツールやCRMツールと連携して活用し、社内に分散しているマーケティングデータが統合管理できるようになる。

まずインテージのi-SSP(インテージシングルソースパネル)のデータとBIツール・CRMツールの連携を可能にした。i-SSPはインテージの主力サービス、SCI(全国消費者パネル調査)を基盤に、同一対象者から新たにパソコン、スマートフォンでのウェブサイト閲覧や、テレビ視聴情報のデータを集める。パソコン、スマートフォン、テレビの利用傾向や接触率のほか、同一対象者から収集する購買データを合わせて分析することで、消費行動と情報接触の関係や広告効果が分かる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]