電通アイソバー、NetBaseとの協業でSNSアナリティクス・コンサルティングサービスを提供

NetBaseデータをAPIで外部データと連携、シームレスなデータ活用促進を推進
よろしければこちらもご覧ください

電通アイソバーは、ソーシャルメディアプラットフォームのNetBaseと協業し、電通アイソバーのコミニュケーションプランの設計・アナリティクス検証などの実績とノウハウをベースに、NetBaseの42ヵ国語に対応したSocial Analyticsツールを活用したSNSアナリティクス・コンサルティングサービスの提供を開始する、と4月19日発表した。今後は、NetBaseデータをAPIで外部データと連携、シームレスなデータ活用促進を推進していく。

NetBaseの提供する「Social Media Analytics Platform」の各機能と、電通アイソバーの実績から培ったデータからの仮説設定、最適な顧客体験創出のためのストラテジープランニング、顧客理解を目的としたデータ分析を連携することで、「戦略」「企画」「実行」「分析」の各フェーズにおいて、ブランド(企業)とカスタマー(ユーザー)を結ぶ有効な戦略、コミュニケーション設計をご提供することが可能となった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]