ネイティブ動画広告「popIn Video Ads」に映画広告後の前売り券直接購入機能を追加

popIn、ネットで座席指定できるeメール型前売り券サービスと連携、広告出稿で無償提供

ユーザーの違和感なくコンテンツに自然に溶け込ませる広告を意味するネイティブ広告のプラットフォームを展開するpopInは、自社のスマートフォン向けネイティブ動画広告「popIn Video Ads」で、映画の動画広告視聴後に前売り券が直接購入できる機能を加えた、と3月12日発表した。広告を見て興味を持ったら直接映画の前売り券が買える。ネットで座席指定できるeメール型映画前売り券サービス「ムビチケオンライン券」と連携して実施する。

この機能は広告主に対し、popIn Video Adsへの出稿で無償提供する。広告の下部に「前売券を購入」のボタンを表示。これをタップするとムビチケに移動する仕組みとなり、ユーザーは興味を持ったタイミングで前売り券が購入できる。popIn Video Adsはプレーヤーを立ち上げる必要がなく、スマートフォンのウェブブラウザ上で動画広告を自動再生する。コンテンツ記事を読み終わった後に広告を表示し、悪い印象を与えないなどの特長がある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]