オフラインで視聴中のコンテンツや広告を音声を基に特定して広告配信するシステム開発

D.A.コンソーシアムHDとDAC、DMP「AudienceOne」との連携でターゲティング配信が可能

インターネット広告ビジネス事業会社を傘下に持つD.A.コンソーシアムホールディングスと、子会社でインターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、ユーザーがオフラインで視聴中のコンテンツや広告を音声を基に特定し、視聴状況に応じて広告を配信するシステムを開発した、と2月27日発表した。DACのDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne」と連携させて、ユーザーごとに最適なデジタル広告やコンテンツのターゲティング配信が可能になる。

テレビやラジオ、屋外広告から発せられる音の特徴をスマートフォンのマイクを通じて捉え、ユーザーが視聴しているコンテンツや広告を特定する。特定時間帯のテレビ番組やCMへの接触をリアルタイムに把握するには、専用アプリの立ち上げや番組関連キーワード入力などユーザーの作業でスマートフォンの情報と紐付ける必要があり、テレビ広告とデジタル広告を効率的に連動させた広告キャンペーンは難しかった。音声によるコンテンツ認識技術を活用した広告配信は、こうした問題を解決する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]