「LINE ビジネスコネクト」の導入実績を表彰するアワードプログラム開始、プラチナ・ゴールドを認定

パートナー上位2社をプラチナパートナー、続く3社をゴールドパートナーに認定・表彰
よろしければこちらもご覧ください

スマートフォン向け無料通話・無料メールアプリのLINEは、同社のアプリ「LINE」の各種機能を企業向けにAPIで提供し、カスタマイズして活用できる法人向けサービス「LINE ビジネスコネクト」において、導入実績に応じてパートナーをランク認定・表彰する「LINE ビジネスコネクト パートナーアワードプログラム」を開始する、と2月23日発表した。「開設アカウント数」と「売上実績の2つの審査基準」で順位付けを行い、その順位の合計数が少ないパートナー上位2社を最上位のプラチナパートナー、続く3社を次点のゴールドパートナーとして認定・表彰する。

LINE ビジネスコネクトでは、導入企業が独自にシステムの開発・改修が必要となることから、開発負担の軽減や導入のスピード化を目的に、LINE ビジネスコネクト対応ソリューションを提供する企業を公式パートナーとして認定する「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」を2014年10月から開始している。新しく開始したLINE ビジネスコネクト パートナーアワードプログラムの昨年の集計を行ったところ、2017年度のプラチナパートナーとして、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、セールスフォース・ドットコムの2社が決定。ゴールドパートナーとして、オプト、電通アイソバー、トランスコスモスの3社が決定した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]