博報堂グループ横断の動画統合ソリューション「hakuhodo.movie」提供開始、生活者起点の動画を制作

幅広い用途とタッチポイントに適した動画コンテンツで企業課題を解決

博報堂は、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂プロダクツ、博報堂DYデジタルと連携し、生活者の動画の活用実態(視聴・投稿)に即し、テレビCMからオンライン動画まで、幅広い用途とタッチポイントに適した動画コンテンツで企業課題を解決する動画統合ソリューション「hakuhodo.movie」の提供を開始する、と12月14日発表した。hakuhodo.movieは、動画を活用する特徴的な生活者「動画生活者」を起点とした動画統合ソリューションとなる。

hakuhodo.movieは、博報堂グループ4社の「作る・調べる・届ける・よりよくする」分野の専門家が連携する。動画生活者のインサイト(本音)を起点に、データとテクノロジーを活用した動画を制作し、テレビCMやインターネット、イベント、店頭、デジタルサイネージなど、マスメディアとネットを最適に設計するソリューションで企業の課題に応えていくという。なお、hakuhodo.movieでは、動画生活者に関する調査レポートの発表も予定しているという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]