Twitterが中小企業や個人事業主を対象にセルフサービス式の「Twitter広告」開始

自身の管理メニューから広告設定・出稿・管理運用可能、クレジットカードで決済

Twitterは、中小企業や個人事業主を対象にセルフサービス式の「Twitter広告」を始める、と11月17日発表した。広告主は自身のアカウントの管理メニューから広告設定、出稿、管理運用ができる。利用の最低額はなく、クリックや成果ごとに課金する。クレジットカードを決済に使用する。Twitter広告は従来、ヤフーが運営する「Yahoo!プロモーション広告」を通して可能だったが、今回、Twitterが自ら始めた。

Twitter広告によって自社サイトへの誘導数を増やしたり、事業と関連するフォロワーを短期間で集められるようになる。興味・関心、ツイートや検索キーワード、利用端末、地域などさまざまな項目を組み合わせて適切なターゲットに商品やサービスがアピールできる。広告効果はアナリティクス画面でリアルタイムに確認可能で、通常のツイートと広告のツイートの効果や、反応したユーザーの属性が把握できる。

Twitter広告
https://business.twitter.com/ja/home

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドフラウド
広告詐欺のこと。 主にインターネット広告におけるものを指す場合が多い。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]