電通が顧客との接点拡大のためのアプリダウンロード数を最大にする「App Buildbox」開発

ユーザー分析、メディアプラン、広告表現、PDCA管理の各ツールで構成、組み合わせて提供

電通は、企業が顧客との接点拡大を目的に活用しているスマートフォンアプリのダウンロード数を最大にするソリューションツール「App Buildbox(アプリ・ビルドボックス)」を開発した、と9月9日発表した。ユーザー分析、メディアプラン、広告表現、PDCA(計画・実行・評価・改善)管理の各ツールで構成する。十分なダウンロード数を確保する広告費用が判断できない、や、どんな層が自社や他社のアプリを使っているか分からない、といった企業が抱える課題に応える。

ユーザー分析はアプリの利用実態とマスメディア、デジタルメディアそれぞれの接触状況が分かり、メディアプランはテレビへの広告出稿量や出稿パターンなどからダウンロード数を予測する。広告表現ではアプリのダウンロードを促進させる広告表現を法則化し、アプリの種類によって表現要素を変化させる。PDCA管理は実際に放送されたCMがいつ・どこで・どのような表現だった場合にダウンロード数が効率的に増えるかを調べる。各ツールを組み合わせて企業に提供する。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]